軟式バットを購入するならビヨンドマックスレガシー

人気の軟式バットであるビヨンドマックスレガシーを購入する前に知っておきたい事について発信しております。是非ご覧になってみて下さい。

ビヨンドマックスレガシーを実際に使ってみての感想

 

ここ数年バッティングが良くなってきて、ホームランを何本も打ちたいなぁと思って、ビヨンドマックスレガシーを購入しました。

 

練習試合や公式試合でも結構使う事ができました。

 

だいたい10試合くらいでしょうか。

 

たまに素振りなどもしましたね。

 

そして、何となくですが、ビヨンドマックスレガシーの事を分かってきたと思います。

 

そこで今回はビヨンドマックスレガシーを使ってみての感想について書いていきたいと思います。

 

 

 

自分が購入したのはトップバランスの85センチ

 

ビヨンドマックスレガシーは購入当時6種類ありました。

 

トップバランス

  • 83センチ(710グラム)
  • 84センチ(720グラム)
  • 85センチ(730グラム) 

 

ミドルバランス

  • 83センチ(720グラム)
  • 84センチ(730グラム)
  • 85センチ(740グラム)

 

現在はさらに重いビヨンドマックスレガシーが新登場しましたね。

 

ちょっと重いビヨンドマックスレガシーはまた今度ブログで書いていきたいと思います。

 

自分はトップバランスの85センチを購入しました。

 

以前にミドルバランス(83センチ)とトップバランス(84センチ)を試し打ちする機会があったんですね。

 

その時の様子を別のブログでも書かせて頂きました。

 

ビヨンドマックスレガシーとMM18の試し打ちしました!

 

その時にトップバランスの方が感触が良かったので、トップバランスを購入しました。

 

さらに飛距離が出ればと思って、85センチを購入しました。

 

 

飛距離:ちゃんと当たれば飛ぶ

 

飛距離に関しては、率直にちゃんと当たれば飛びますね。

 

それもかなり飛びますね。

 

普段練習の時はビヨンドマックスレガシーを使っていません。

 

どうしてかと言うと、練習グラウンドのレフト側が狭いので、ビヨンドマックスレガシーを使わなくてもフェンスを越えてしまうんですね。

 

そうなると、ご近所に迷惑をかけてしまうので、使っていないんですね。

 

なので、チームに昔のビヨンドマックス(多分メガキングⅡ)があるので、それを練習では使っています。

 

そのバットと比較すると、飛距離は格段に違いますよね。

 

1回助っ人で参加した試合で使った時にインコースを反応で打ったら、物凄いファールが飛んでいきました。

 

やっぱり明らかに他のバットとは性能が違うという事は実感できると思います。

 

トップバランスという事もあるのかバットの先端でも結構飛ぶ感じはありますね。

 

 

打感:あまり無いと思う

 

打感については、個人的な感覚で言うとあまり感触は無いと思います。

 

良い当たりでも、打ち損じてもそんなに打感の違いは無いかなぁという感じですね。

 

良くも悪くも感触があまり無いので、打感があった方が良いという方にはオススメできないかもです。

 

個人的には、遠くにボールが飛べば良いと思っているので、打感についてはあっても無くてもどっちでも良いかなと思っております。

 

そもそも自分はあまり繊細な感覚を持ち合わせていません。

 

なので、打感についてもあまり参考にならないかもしれませんね。

 

 

打球速度:確実に速くなったと思う

 

飛距離が飛ぶだけあっても、打球速度は速くなったと思います。

 

正確に計測をしているわけではないですが、感覚的にはそう感じます。

 

特にサードゴロなんかはちょっとズレれば、打球に勢いがあるのでレフト前やレフト線のヒットになります。

 

ランナー1塁でサードの真正面に行けば、打球が速いので、ほぼゲッツーになりますね。

 

あと、これまで感覚的に外野フライかなぁと思っていた打球がグングン伸びて、外野の頭を越える事も多くなった気がします。

 

これも打球速度が上がった事の証明になるのかなと思います。

 

 

振り抜きやすさ:振り抜きやすいけど・・・

 

自分が購入したのはトップバランスなので、振り抜きやすさは結構あると思います。

 

若干の重さは感じますが、スパッと振れる感覚はありますね。

 

ただ、バットには個人個人で好みがあると思いますので、どうなんでしょうね。

 

あと個人的に感じている事は調子が悪いと振り負けてしまうんですよね。

 

なので、コンディションが悪いとバットスイングが鈍くなってしまうのは、ちょっとデメリットなのかもしれません。

 

 

バットコントロール:難しい

 

バットコントロールは難しいのかなと思っております。

 

ある程度パワーが無いと使いこなせないのかなとも思いましたね。

 

周りでビヨンドマックスレガシーを持っている人が少ないので、結構貸す事が多いんですね。

 

統計としては少ないのですが、やはり下記のような人が割と使いこなせている事が多いのかなと思います。

 

  • ガタイが良い人
  • 体重が重めの人

 

自分も体調が良い時は凄く打てたり、今日はコンディション的にあまり良くない時はダメなような感じはしています。

 

そもそも自分もパワーがある方ではないので、体調に影響されやすいのかもしれません。

 

パワーの無い人が使うと、ポップフライになる事が多いような気がします。

 

 

デザイン:めちゃくちゃ格好良い

 

ビヨンドマックスレガシーはデザインがシンプルで非常に格好良いバットです。

 

個人的にはとても大好きなデザインです。

 

ただ、シンプルなデザインな分、汚れやすいんですよね。

 

黒にミズノマークが付いているだけなので、黒い部分が多いです。

 

なので、即効でボールの跡が付いてしまうんですね。

 

10試合程度しか使っていないですが、人に貸したり、自分が使ったりして、もうバットは汚れまくりです。

 

まあまあ高いバットなので、汚れてしまうとどうしてもテンションは下がりますよね。

 

 

耐久性:分からない

 

耐久性についてはどうなんでしょうね。

 

購入したばかりなので、検証のしようが無いんですよね。

 

バットにバッティングセンターでの使用には適していないので、使用しないで下さい的な事を書いてあります。

 

なので、それなりに使えばバットの性能が落ちるという事もあるんでしょうね。

 

バットとボールが当たる部分はウレタン素材でできていて、ウレタンには寿命があると言われております。

 

そのウレタンの寿命はだいたい3年くらいと言われているんですね。

 

使う頻度が多ければ、劣化も早くなるでしょうし、頻度が少なければそんなに劣化もしないと思います。

 

なので、3年経過したらいきなり飛ばなくなったという事はないと思います。

 

ただ、ある程度手入れなどをしておくと、長持ちするみたいですね。

 

 

価格:正直高い

 

価格は49,500円なので、高いですよね。

 

自分も購入する時は、ちょっと勇気が必要でした。

 

正直コストパフォーマンスが良いかどうかは分かりません。

 

ある程度『飛距離』はお金で買う事ができると思います。

 

ただ、魔法のバットではないので、ビヨンドマックスレガシーを使ったからと言って、いきなりホームランを打てるというわけではないんですね。

 

色々な人に貸しましたが、ビヨンドマックスレガシーの前評判が良過ぎて、勝手に勘違いして凡打になると全然打てないじゃんという人も結構いたので・・・。

 

 

まとめ:できるなら試し打ちをした方が良い

 

強打者タイプはトップバランスが良いと思いますが、万人受けするのはミドルバランスのような気がします。

 

元々飛ばせる選手がもっと飛ばせるバットなのかなと思っております。

 

自分はそんなに実力があるわけではありませんが、やっぱりバットコントロールは難しいのかなと思います。

 

パワーが無いと振り負けてしまう事もありますので、個人的なイメージとしては暴れ馬ですね。

 

当たれば飛びますが、コントロールが難しいと言ったところでしょうか。

 

オフシーズンにウエイトトレーニングをやりまくって、パワーを付けるので、来シーズンはもっと扱いやすくなるのではと思っております。

 

もし、購入しようか検討している方は、できれば試し打ちをしてから購入するか決めた方が良いかと思います。

 

スポーツショップなどでも試し打ちできるところがあるみたいですし、ビヨンドマックスレガシーを持っている人にちょっと借りてみるのもアリだと思います。

 

自分は運良く、ミドルバランスとトップバランスの両方を試し打ちする事ができました。

 

正直試し打ちできて、本当に良かったと思います。

 

バットには個人の好みがあると思いますので、自分の感覚に合うバットをしっかり吟味すると良いかと思います。

 

 

アマゾンで購入するならコチラ

楽天市場で購入するならコチラ

ヤフーショッピングで購入するならコチラ

スーパースポーツゼビオで購入するならコチラ

スポーツデポで購入するならコチラ